五島やけんよか!

長崎県五島市(五島列島南西部の島々)の移住定住促進チーム公式note。地元出身者&移住…

五島やけんよか!

長崎県五島市(五島列島南西部の島々)の移住定住促進チーム公式note。地元出身者&移住者の移住支援員が移住や島暮らしのことを毎月書いています!「参考になる」と思った記事は、シェアをお願いします! ※五島やけんよか=五島だからいい

マガジン

  • 五島市の移住イベント情報

    現地のリアルな情報!移住(UIターン)イベント

  • 離島移住のススメ

    移住のこと、離島のこと、五島市のことを知るマガジン

  • 移住相談窓口スタッフの一日

    【シリーズ】五島市の移住相談窓口スタッフの一日の過ごし方

  • 移住相談窓口スタッフ紹介

    移住相談窓口(五島市職員)のプロフィール

リンク

五島市の移住イベント情報

現地のリアルな情報!移住(UIターン)イベント

くわしく見る
  • 18本

【受付中】6/29(土)inオンライン「島ぐらしセミナー」

長崎県五島市(五島列島)は、移住支援員完全オリジナルの資料でお届けする「島暮らしセミナー」を開催します。 オンライン開催は約2年ぶり!現地のリアルな情報が満載のセミナーは、五島市に移住したい方はもちろん、離島へ移住希望の方も必見です。 \\ セミナーに参加する // 「島ぐらしセミナー」の3つのポイントこの6年間で1,000人を超える移住者を受け入れている五島市。 なぜ移住先に人気なのか? 実際の島暮らしはどうなのか? 移住するには何から始めるのか? そんなよく

スキ
4

【満員御礼】6/1(土)五島で暮らそう(移住相談会)in東京

若者世代やファミリーの移住先に人気の五島市が、首都圏在住者を対象とした移住相談会を開催します!場所は、有楽町駅から徒歩1分の「ふるさと回帰支援センター」。 五島で暮らそう(移住相談会)とは五島市(福江島)で暮らす移住支援員2名(いずれも五島市職員)が現地へ出張し、参加者の相談を1組ずつお受けします。 五島市の移住相談は、リアル開催・オンライン開催共にの募集開始後、早々に満員となりますのでお申し込みはお早めに! 開催概要■日時 2024年6月1日(土)17時~20時 限定3

スキ
9

【満員御礼】2/16(金)夜・17(土)昼in東京「島ぐらしセミナー」

30代までの若者世代やファミリーのUIターン者が増えている五島列島・五島市は、首都圏在住者に向けた特別なセミナーを2日間開催します! 毎回、「満足度が高い」と好評をいただいている五島市の『島ぐらしセミナー』。 今回は、ライフスタイルに合わせて参加できるよう、昼と夜に開催します!金曜日の仕事終わりに、土曜日にご家族とゆっくりご参加ください。 基本情報からネットには載っていない現地のリアルな情報が満載のセミナーは、五島市に移住したい方はもちろん、離島へ移住希望の方も必見です。

スキ
4

【終了しました】12/9(土)in大阪「九州・山口合同移住相談会」

九州・山口合同移住相談会」とは54団体にて、「あったか“いい”生活」の魅力をお伝えする「九州・山口合同移住相談会」に五島市も参加します。 イベントの詳しい内容は、公式サイトよりご覧ください。 五島市からは、Iターンの移住支援員2名(長崎市出身・東京都出身)が参加します! 「五島市ってどこ?」「どうして移住先に人気なの?」そんな疑問質問をはじめ、移住に関する不安等もご相談ください。 情報収集中の方も、真剣に移住やUターンをお考えの方も大歓迎です!名古屋近郊にお住いの方は、

スキ
1

離島移住のススメ

移住のこと、離島のこと、五島市のことを知るマガジン

くわしく見る
  • 10本

島に移住してびっくりしたこと【あるある】

都会と田舎のギャップっていろいろありますよね。今回は、東京から五島市に移住した移住支援員が島に移住してからびっくりしたことを、4つのカテゴリーでざっくばらんに紹介します! 長崎県五島市とは 01.生活・文化編 おすそ分けが大胆 麻袋いっぱいのさつまいも、クーラーボックスに詰まった魚、米一袋、巨大なスイカ一玉など、一人暮らしだろうと関係なくたっぷりといただくことがあります。おすそ分け文化は、住んでいる地域によってあったり、なかったり。 毎日時刻を知らせるメロディが鳴る

スキ
17

移住者目線!旅行&移住下見のアドバイス #五島≪後編≫

こんにちは。五島市役所の移住相談窓口の公式noteです。 この記事は、移住者である移住支援員の実体験を元に、これから五島市へ下見を兼ねた来島を検討中の方に向けた、来島の際に気をつけてほしいポイントや現地での過ごし方についてまとめています。 長崎県五島市とは? まずは≪前編≫からチェック! 07_平日を絡めて来島する これも筆者の実体験です。 土日月でも、金土日でも構わないので平日を最低1日絡めると市役所に訪問することができます。 今は、オンラインで移住相談できます

スキ
5

移住者目線!旅行&移住下見のアドバイス #五島≪前編≫

こんにちは。五島市役所の移住相談窓口の公式noteです。 すっかり暖かくなり、大型連休の話題で盛り上がる季節になりました。皆さま、今年のゴールデンウィークの予定は決まりましたか? 私たちが暮らしている長崎県五島市(五島列島)は、移住先としてでなく観光地としてもとっても人気の離島なんです! 長崎県五島市とは? はじめにコロナ禍で一時的に減少したものの、2023年(令和5年)の1年間に五島市を訪れた観光客数は、210,067人(対前年+25.8%)と推計。最も多い年では、

スキ
6

それは誤解?!五島に移住する前に知るべき事実

2024年3月26日更新 こんにちは。五島市役所の移住相談窓口の公式noteです。 毎年移住者が増え続けている五島市。 メディアで取り上げられる機会が増え、数年前に比べると五島の知名度はぐーんと上がりました。ネットの世界でも、観光サイトや個人のブログなどで紹介され、さまざまな情報が溢れかえっています。 それなのに、未だに「え!そうなの?!」と驚かれる五島のあれこれ。 この記事では、移住者であるスタッフも移住時に勘違いし、「移住当時に知りたかった!」と思える情報をまとめま

スキ
23

移住相談窓口スタッフの一日

【シリーズ】五島市の移住相談窓口スタッフの一日の過ごし方

くわしく見る
  • 5本

【島民の一日#2】インドアOLが福江島で手に入れたふつうの暮らし

シリーズで紹介している「移住相談窓口のスタッフの一日の過ごし方」第2回。前回は、Uターン(五島市出身)のアクティブな島暮らしの一日を紹介しました。 が、今回はその真逆。五島市にIターンしたインドア派のスタッフK。インドアタイプは、島でどんな一日を過ごしているのでしょうか。 長崎県五島市とは? 一日の過ごし方通勤は、自家用車で約15分、徒歩で約5分なので、実際はドアtoドアで約20分です。(移住前に比べて約1時間短縮!感涙) ※市役所の会計年度任用職員のため副業可能。 休

スキ
12

【島民の一日#1】早寝早起き7時間爆睡の超健康的な島ぐらし

こんにちは。 突然ですが、皆さんは“島暮らし”というとどんなイメージがありますか? のんびりしてそう?しょっちゅう海で遊んでそう?ピザ窯作ってそう?庭先でBBQしてそう? よく聞くイメージはこんなところでしょうか。笑 このページを見ている方は、どんな理由であれ、離島や田舎に関心があると思います。 そのなかで、ほんのちょっとでも“移住”を検討している方は、実際に島で暮らす人がどんな一日を過ごしているのか気になりませんか? 離島移住や地方移住を検討中の方にも参考になるポイン

スキ
54

移住相談員の休日の過ごし方vol.3

前回からずいぶん時間が経ってしまいましたが、「移住支援員の休日シリーズ」第3弾です。今回は、この春、仲間入りしたUターン(五島出身)支援員Uのややディープな休日です。 ↓ ↓ ↓ 先週末は、五島っぽく過ごした土日でした。 まず土曜日は、瀬渡しでホゲ島へ行きました。 五島は釣りの聖地として有名なようですが、五島在住トータル22年の私は2年前に初めて釣りをしました。防波堤釣りを何度か経験したレベルの素人が、いきなり瀬渡しに行くものではないらしいのですが、暇だし行くよ〜の勢い

スキ
5

移住相談員の休日の過ごし方vol.02

平年よりも約3週間も早い梅雨入りをした五島市。 通勤ルートにいくつもの紫陽花が色鮮やかに咲き誇り、それらを眺めて車を走らせることが、毎年この時期の楽しみになっている相談員Kです。 気付けばnoteを始めて3ヵ月が経ちました。初めて投稿した「五島に移住する前に」は、おかげさまで50以上のいいねがついていました。ありがとうございます。 今後も「へ~」「なるほど」「知ってよかった」と思ってもらえるような、私たちにしか書けないことを投稿していきたいと思います。 さて、前回に続き「

スキ
11

移住相談窓口スタッフ紹介

移住相談窓口(五島市職員)のプロフィール

くわしく見る
  • 6本

<五島市職員プロフィール01> BIGBOSS(50代、男性、Uターン) 家族構成:5人の子どもが巣立って今は妻と二人暮らし 趣味:和太鼓、釣り 五島の好きな所:安く新鮮な魚が食べられる! 一言:島に戻って30年。でも五島って意外と広くて、まだまだ知らないことだらけ。なんて島だ!

スキ
1

<五島市職員プロフィール02> 移住支援担当H(40代、女性、Uターン) 家族構成:夫婦 趣味:山登り、マラソン大会出場、ライブ参戦、食べ歩き、読書 五島の好きな所:気取らずに暮らせる雰囲気、ゆるさ 一言:観光や物産、島の行事、山登りなど五島のコンテンツならお任せください。

スキ
2

<五島市職員プロフィール03> 移住支援担当A(40代、女性、長崎市からのIターン) 家族構成:子ども1人の3人家族と猫3匹 趣味:飼い猫と寝ること、未見の場所に行くこと 五島の好きな所:静かなところ 一言:のんびり暮らしで5キロ太りました。子育て移住の相談はお任せください。

スキ
2

<五島市職員プロフィール04> 移住支援担当K(30代、女性、東京からのIターン) 家族構成:単身と猫2匹 趣味:デザイン、飼い猫をモフる 五島の好きな所:ほどよく便利で、ほどよく不便な所 一言:移住のきっかけと五島の魅力は山ほどあります。単身Iターンの相談はお任せください。

スキ
3