五島やけんよか!

長崎県五島市(五島列島南西部の島々)の移住定住促進チーム公式note。地元出身者&移住…

五島やけんよか!

長崎県五島市(五島列島南西部の島々)の移住定住促進チーム公式note。地元出身者&移住者の移住支援員が移住や島暮らしのことを毎月書いています!「参考になる」と思った記事は、シェアをお願いします! ※五島やけんよか=五島だからいい

マガジン

  • 五島市の移住イベント情報

    現地のリアルな情報!移住(UIターン)イベント

  • 離島移住のススメ

    移住のこと、離島のこと、五島市のことを知るマガジン

  • 移住相談窓口スタッフの一日

    【シリーズ】五島市の移住相談窓口スタッフの一日の過ごし方

  • 移住相談窓口スタッフ紹介

    移住相談窓口(五島市職員)のプロフィール

リンク

記事一覧

【受付中】6/29(土)inオンライン「島ぐらしセミナー」

長崎県五島市(五島列島)は、移住支援員完全オリジナルの資料でお届けする「島暮らしセミナー」を開催します。 オンライン開催は約2年ぶり!現地のリアルな情報が満載の…

島に移住してびっくりしたこと【あるある】

都会と田舎のギャップっていろいろありますよね。今回は、東京から五島市に移住した移住支援員が島に移住してからびっくりしたことを、4つのカテゴリーでざっくばらんに紹…

17

【島民の一日#2】インドアOLが福江島で手に入れたふつうの暮らし

シリーズで紹介している「移住相談窓口のスタッフの一日の過ごし方」第2回。前回は、Uターン(五島市出身)のアクティブな島暮らしの一日を紹介しました。 が、今回はその…

12

移住者目線!旅行&移住下見のアドバイス #五島≪後編≫

こんにちは。五島市役所の移住相談窓口の公式noteです。 この記事は、移住者である移住支援員の実体験を元に、これから五島市へ下見を兼ねた来島を検討中の方に向けた、来…

移住者目線!旅行&移住下見のアドバイス #五島≪前編≫

こんにちは。五島市役所の移住相談窓口の公式noteです。 すっかり暖かくなり、大型連休の話題で盛り上がる季節になりました。皆さま、今年のゴールデンウィークの予定は決…

【満員御礼】6/1(土)五島で暮らそう(移住相談会)in東京

若者世代やファミリーの移住先に人気の五島市が、首都圏在住者を対象とした移住相談会を開催します!場所は、有楽町駅から徒歩1分の「ふるさと回帰支援センター」。 五島…

【島民の一日#1】早寝早起き7時間爆睡の超健康的な島ぐらし

こんにちは。 突然ですが、皆さんは“島暮らし”というとどんなイメージがありますか? のんびりしてそう?しょっちゅう海で遊んでそう?ピザ窯作ってそう?庭先でBBQして…

54

今日から4月。新年度のはじまりですね!
通勤途中に見かけた桜がとても綺麗でした。五島は明日からお天気が崩れる予報なので、今のうちに桜と青空を楽しみたいと思います。
今年度も「五島やけんよか!」をよろしくお願いします!

それは誤解?!五島に移住する前に知るべき事実

2024年3月26日更新 こんにちは。五島市役所の移住相談窓口の公式noteです。 毎年移住者が増え続けている五島市。 メディアで取り上げられる機会が増え、数年前に比べると…

23

五島市の子育てに役立つ情報を一冊にまとめた『ごとう子育てハンドブック』が完成しました!!

◎電子書籍でも読めます→https://www.nagasaki-ebooks.jp/?p=11016&post_type=bookinfo

本当にあった!新生活のこまったエピソード #離島移住 #島暮らし

1月の記事で、「勤務先は決まっているけど、住むところが見つからない」をテーマに五島市内での家探し法を紹介しました。 今回は、移住するタイミングで予期せぬハプニン…

17

今日から3月

五島市の移住支援とは #離島移住 #島暮らし

近年、テレビや雑誌などのメディアで地方移住を取り上げた内容が増えていますよね。 ありがたいことに五島市も離島の中で人気の移住先として、紹介いただく機会があります…

25

4月から五島に移住したい方へ #新生活 #島暮らし

毎年2月から3月にかけて、五島市の移住相談窓口には、多くの問い合わせがあります。 今回の記事は、移住歴6年の五島市移住支援員が、新生活を迎えるタイミングで五島市に移…

20

令和6年能登半島地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

本年も五島市移住相談窓口をどうぞよろしくお願い申し上げます。

『寒さが苦手なので南の島に住みたいんです』

という移住相談を受けることが多々ありますが、五島列島は西に位置するので、冬は寒いのです…🌨

雪も降りますよ〜と伝えると驚かれますが、昨日から今日にかけても雪が降ったり止んだりを繰り返しています。

四季を感じられる島です🏝

【受付中】6/29(土)inオンライン「島ぐらしセミナー」

長崎県五島市(五島列島)は、移住支援員完全オリジナルの資料でお届けする「島暮らしセミナー」を開催します。 オンライン開催は約2年ぶり!現地のリアルな情報が満載のセミナーは、五島市に移住したい方はもちろん、離島へ移住希望の方も必見です。 \\ セミナーに参加する // 「島ぐらしセミナー」の3つのポイントこの6年間で1,000人を超える移住者を受け入れている五島市。 なぜ移住先に人気なのか? 実際の島暮らしはどうなのか? 移住するには何から始めるのか? そんなよく

島に移住してびっくりしたこと【あるある】

都会と田舎のギャップっていろいろありますよね。今回は、東京から五島市に移住した移住支援員が島に移住してからびっくりしたことを、4つのカテゴリーでざっくばらんに紹介します! 長崎県五島市とは 01.生活・文化編 おすそ分けが大胆 麻袋いっぱいのさつまいも、クーラーボックスに詰まった魚、米一袋、巨大なスイカ一玉など、一人暮らしだろうと関係なくたっぷりといただくことがあります。おすそ分け文化は、住んでいる地域によってあったり、なかったり。 毎日時刻を知らせるメロディが鳴る

【島民の一日#2】インドアOLが福江島で手に入れたふつうの暮らし

シリーズで紹介している「移住相談窓口のスタッフの一日の過ごし方」第2回。前回は、Uターン(五島市出身)のアクティブな島暮らしの一日を紹介しました。 が、今回はその真逆。五島市にIターンしたインドア派のスタッフK。インドアタイプは、島でどんな一日を過ごしているのでしょうか。 長崎県五島市とは? 一日の過ごし方通勤は、自家用車で約15分、徒歩で約5分なので、実際はドアtoドアで約20分です。(移住前に比べて約1時間短縮!感涙) ※市役所の会計年度任用職員のため副業可能。 休

移住者目線!旅行&移住下見のアドバイス #五島≪後編≫

こんにちは。五島市役所の移住相談窓口の公式noteです。 この記事は、移住者である移住支援員の実体験を元に、これから五島市へ下見を兼ねた来島を検討中の方に向けた、来島の際に気をつけてほしいポイントや現地での過ごし方についてまとめています。 長崎県五島市とは? まずは≪前編≫からチェック! 07_平日を絡めて来島する これも筆者の実体験です。 土日月でも、金土日でも構わないので平日を最低1日絡めると市役所に訪問することができます。 今は、オンラインで移住相談できます

移住者目線!旅行&移住下見のアドバイス #五島≪前編≫

こんにちは。五島市役所の移住相談窓口の公式noteです。 すっかり暖かくなり、大型連休の話題で盛り上がる季節になりました。皆さま、今年のゴールデンウィークの予定は決まりましたか? 私たちが暮らしている長崎県五島市(五島列島)は、移住先としてでなく観光地としてもとっても人気の離島なんです! 長崎県五島市とは? はじめにコロナ禍で一時的に減少したものの、2023年(令和5年)の1年間に五島市を訪れた観光客数は、210,067人(対前年+25.8%)と推計。最も多い年では、

【満員御礼】6/1(土)五島で暮らそう(移住相談会)in東京

若者世代やファミリーの移住先に人気の五島市が、首都圏在住者を対象とした移住相談会を開催します!場所は、有楽町駅から徒歩1分の「ふるさと回帰支援センター」。 五島で暮らそう(移住相談会)とは五島市(福江島)で暮らす移住支援員2名(いずれも五島市職員)が現地へ出張し、参加者の相談を1組ずつお受けします。 五島市の移住相談は、リアル開催・オンライン開催共にの募集開始後、早々に満員となりますのでお申し込みはお早めに! 開催概要■日時 2024年6月1日(土)17時~20時 限定3

【島民の一日#1】早寝早起き7時間爆睡の超健康的な島ぐらし

こんにちは。 突然ですが、皆さんは“島暮らし”というとどんなイメージがありますか? のんびりしてそう?しょっちゅう海で遊んでそう?ピザ窯作ってそう?庭先でBBQしてそう? よく聞くイメージはこんなところでしょうか。笑 このページを見ている方は、どんな理由であれ、離島や田舎に関心があると思います。 そのなかで、ほんのちょっとでも“移住”を検討している方は、実際に島で暮らす人がどんな一日を過ごしているのか気になりませんか? 離島移住や地方移住を検討中の方にも参考になるポイン

今日から4月。新年度のはじまりですね! 通勤途中に見かけた桜がとても綺麗でした。五島は明日からお天気が崩れる予報なので、今のうちに桜と青空を楽しみたいと思います。 今年度も「五島やけんよか!」をよろしくお願いします!

それは誤解?!五島に移住する前に知るべき事実

2024年3月26日更新 こんにちは。五島市役所の移住相談窓口の公式noteです。 毎年移住者が増え続けている五島市。 メディアで取り上げられる機会が増え、数年前に比べると五島の知名度はぐーんと上がりました。ネットの世界でも、観光サイトや個人のブログなどで紹介され、さまざまな情報が溢れかえっています。 それなのに、未だに「え!そうなの?!」と驚かれる五島のあれこれ。 この記事では、移住者であるスタッフも移住時に勘違いし、「移住当時に知りたかった!」と思える情報をまとめま

五島市の子育てに役立つ情報を一冊にまとめた『ごとう子育てハンドブック』が完成しました!! ◎電子書籍でも読めます→https://www.nagasaki-ebooks.jp/?p=11016&post_type=bookinfo

本当にあった!新生活のこまったエピソード #離島移住 #島暮らし

1月の記事で、「勤務先は決まっているけど、住むところが見つからない」をテーマに五島市内での家探し法を紹介しました。 今回は、移住するタイミングで予期せぬハプニングに見舞われた先輩移住者さんたちの本当にあったこまったエピソードをお伝えします! 本当にあった!こまったエピソード01_引越し業者がつかまらない これは3月を中心に全国各地で発生する問題です。 ただ、繁忙期を避けた場合、引越し業者から「離島は無理」と断られるケースは数年前に比べて、グッと減少したように感じます。

五島市の移住支援とは #離島移住 #島暮らし

近年、テレビや雑誌などのメディアで地方移住を取り上げた内容が増えていますよね。 ありがたいことに五島市も離島の中で人気の移住先として、紹介いただく機会があります。 その中でもよく移住支援制度をプチ情報として簡単に説明いただきますが、残念ながら限られた放送時間、雑誌のスペース内で支援の詳細まではなかなか説明いただくことはできません。 支援の内容を勘違いされたまま移住してしまったら大変です。 「申請が間に合わなくて、助成金がもらえなかった」 「もらえると思った助成金が対象外でも

4月から五島に移住したい方へ #新生活 #島暮らし

毎年2月から3月にかけて、五島市の移住相談窓口には、多くの問い合わせがあります。 今回の記事は、移住歴6年の五島市移住支援員が、新生活を迎えるタイミングで五島市に移住したい方へ向けた、家探しのポイントを具体例とともにお伝えします。 必要な内容をまとめた結果、5000文字を超えてしまいました。 スキマ時間に少しずつ読み進めたり、目次から気になる内容に飛んだり、どんな形であれ五島市の現状を知っていただければと思います。 まずは、この時期の移住支援員へよくある相談の例です。

令和6年能登半島地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 本年も五島市移住相談窓口をどうぞよろしくお願い申し上げます。

『寒さが苦手なので南の島に住みたいんです』 という移住相談を受けることが多々ありますが、五島列島は西に位置するので、冬は寒いのです…🌨 雪も降りますよ〜と伝えると驚かれますが、昨日から今日にかけても雪が降ったり止んだりを繰り返しています。 四季を感じられる島です🏝