移住相談員の休日なにしてた?vol.02
見出し画像

移住相談員の休日なにしてた?vol.02

平年よりも約3週間も早い梅雨入りをした五島市。
通勤ルートにいくつもの紫陽花が色鮮やかに咲き誇り、それらを眺めて車を走らせることが、毎年この時期の楽しみになっている相談員Kです。

気付けばnoteを始めて3ヵ月が経ちました。初めて投稿した「五島に移住する前に」は、おかげさまで50以上のいいねがついていました。ありがとうございます。
今後も「へ~」「なるほど」「知ってよかった」と思ってもらえるような、私たちにしか書けないことを投稿していきたいと思います。


さて、前回に続き「移住相談員の休日」第二弾です。
筆を執るのは、五島市出身の男性との結婚を機に長崎市からIターンした相談員A。とっても仲良し家族の子育てママは、どんな休日を過ごしたのでしょうか。

↓ ↓ ↓

毎週土曜日は買い物デーです。
夫、私、娘の3人家族、一週間分をまとめ買いします。

↑すべて地元産の野菜

五島市に移住して最初に驚いたのは、野菜の安さです。良いの?!と農家さんの心配をしたくなるほど。たくさん食べて貢献しよう!と、張り切っていたら3キロ幸せ太りしました。

茹でていない、皮やヒゲがついたトウモロコシを初めて見たときは、調理法も分かりませんでしたが、意外に簡単でした。皮付きのまま洗ってラップで包み、電子レンジで5分加熱するだけ。身をざっとそいで、炊き込みご飯にしてもおいしいです。
定番野菜はもちろん、セロリ、パセリ、パクチーなどの香味野菜も揃っていて、料理の幅が広がります!


次に驚いたのは、魚の新鮮さと安さ

↑ビフォーアフター

どこで食べても同じだと思っていたアジですが、刺身のおいしさは格別です!魚をまるごともらうことも多いので、さばき方も教わりました。
夫の実家で初めて知った魚料理が、きびなごのいりやきです。水炊きベースの鍋にきびなごを入れて、身が白くなったら食べごろ。頭をつまんでしっぽのほうから口に入れ、骨をすっと引き抜くという食べ方です。茹ですぎないよう、しっかりきびなごを見守るのがポイント。

新玉ねぎのおすそ分けで春を感じ、ウニが出回れば初夏を、新米で秋を、ブリに脂がのってくると冬だなあと思います。食材の旬で季節を感じられるのが、島の好きなところのひとつです。

↑猫もこんなにリラックス。みじょかです。
※かわいい=五島弁でみじょか

日曜日は天気次第、その日の気分次第。
移住前、満員のバスを乗り継いで通勤をしていた頃よりも、自由な時間が増えました。時間が増えた分、「何もしないでのんびりする」ということも選べます。平日にできなかったことを休日に!と慌てていた私にとっては、すごく贅沢な過ごし方です。

この日は猫といっしょにうたた寝をした、相談員Aの平和な休日でした。

この記事が参加している募集

休日のすごし方

きびなのお刺身最高です!
五島市の移住定住促進チーム「五島やけんよか!」の公式noteです。地元出身者&移住者の最強タッグが移住に関する五島のアレコレを書いていきます。オンライン移住相談会は毎月開催中!※五島やけんよか=五島だからいい